INTERVIEW

版権企画営業部 榊原  樹

メーカー、ユーザーに支持されるプラットフォームに成長させたい。

僕はPCで遊べるゲームをDMM GAMESでダウンロード販売できるようにメーカーへ営業する仕事をしています。成人向けゲームではDMM GAMESのシェア率の高さを活かした売り方や見せ方の提案したり、全年齢向けゲームではまだまだコンシューマー文化が根強い日本でPCでもゲームを遊べる環境を作ることを目標に営業活動を行っています。「PCゲームならDMM GAMES」と各メーカー、そしてユーザーに支持されるようなプラットフォームに成長させていきたいと思っています。

プロダクトオーナーのような視点を持つ。

入社後、一番驚いたのは「裁量範囲が広いこと」でした。営業職なので売上を達成することが目標となりますが、そのための過程は自分のアイデアを活かして動くことができました。2015年に新卒入社してから一番大きな仕事で、DMM GAMES遊び放題というサービスの立ち上げを任されたんですが、その時もどういう形を目指すのか・どうやってユーザーを呼び込むかなど「そこから考えていっていいんだ」という驚きと同時にワクワクがありました。DMM GAMESではみんながプロダクトオーナーのような目線でゆくゆくはこのプラットフォームをこうしていきたい!という視点をもつことが大切だと思いますし、そういう考え方のある人が活躍していると思います。

頼りにされるメンバーが多い。

チームのメンバーはそれぞれがコンテンツのスペシャリストなので、他部署からも頼りにされている人が多いですね。業務では個々で活動しながらも、他社とのコラボや新しいビジネスを立ち上げる時などはチーム全体で協力して実現してきました。男女比率は半々くらいで、現在は8人です。気になる情報、教えてほしいこと、聞いてほしいことなど話題が尽きない、刺激が多いチームです。

ゲームに関する全てのことに携わることができる。

「ゲームが好き」という原動力をビジネスとして実現できるのがDMM GAMESだと僕は思っています。そしてそれを実現するためには日々勉強し、積極的に手を上げていくことも必要です。ゲームを作る、ゲームを魅せる、ゲームを売るというゲームに関する全てのことに携わることができる環境で、ぜひ一緒に働きましょう!